産婦人科の看護師


産婦人科の看護師と言われれば同業者からすると「怖い人が多い」「辞める人が多い」という印象だと思います。実際に働いてみると、皆さんが抱いている印象を私も抱きました。
産科では新しい命の誕生の場であり、助産師、医師がお産に関わっているときにスムーズにお産が行われるように助産師と変わらないぐらいの知識も必要になります。産後は乳房の管理から母親となったお母さんの心のケア。乳児の変化にも目を配らせなければなりません。
お産や授乳の時間、母親父親になった方々に沐浴、授乳、調乳指導など様々な指導を看護師も行っていかなければなりません。そのため一日のスケジュールは大変忙しく緊迫した空気が流れることもしばしばです。緊急帝王切開になることだってあります。
そういった激務の中、やはり退職していく人が多いのも事実です。なのでその分新人看護師が入ってきたときには仕事の負担が多くなってしまう部分もあると思います。ですが、新しい命が誕生する場でありいつまでも新人でいられてはお産をするお母さんも、仕事仲間も不安になってしまうのです。「怖い」と先輩看護師に感じることもあるかもしれませんが、育ってほしい一心だと思ってほしいです。
婦人科では私の勤めていたクリニックは入院はありませんでした。
外来での子宮がん検査などを行いクリニックでは処置を行えない場合は大きな病院に紹介状を書き転院していただいていました。
外来看護師は、処置室でのアナムネをとったり妊婦さんの血圧、体重測定し必要であれば指導を行います。医師との検診の前に妊婦さんの不安に思っていることや変化を看護師の視点で見つけ検診がスムーズにいくようにしています。
また、内診の介助も行います。医師に洗浄水を渡したり検査キットや医療器具を渡し、内診が終わると看護師が患者さんのおしもをふきます。最初は抵抗があると思いますが、徐々に慣れ顔見知りにもなってくると、患者さんから内診中でも話しかけてくるようになります(笑)
内診を怖がってしまう患者さんには内診室に入り隣で声を掛けて恐怖心を和らげて上げることも必要になります。

 

産婦人科の職業はあまり想像がつかない方も多いと思いますが、先輩看護師への恐怖心は自分への教育だと思い努力は評価されると思っていただけると幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>